スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

 

その乳液、あなたに合っていますか?

 

 

多くの女性が毎日クレンジングでメイク落とした後に化粧水をつけ、乳液やクリームなどの少し油分が含まれたものを塗るといったスキンケアを行っていることでしょう。

 

 

しかし、毎日乳液を使っているけれども、肌の奥になかなか浸透することなく肌の上にべたべたと残ったままだったり、自分は脂性肌だからわざわざ油分が含まれているものを塗る必要はないと考えて使っていない人もいることでしょう。

 

 

しかしべたつきが気になるなどの理由は、もしかしたら選び方が間違っていて、自分の肌には合っていない可能性があります。

 

 

また、たとえ脂性肌であったとしてもきちんと乳液をつける必要があります。

 

 

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

そもそも乳液は、化粧水や美容液などで肌に潤いを与えた後にふたをして、外部の刺激から肌を守るために欠かすことのできないスキンケアアイテムです。

 

 

しかしどんなに大切なアイテムであったとしても、自分に合っていないものを使うといつまでも肌の上にべたべたと残っていたり、油分を与えすぎてニキビができるなど肌トラブルにつながることもあるでしょう。

 

 

このようなことを避けるためにも、自分の肌にしっかりとあった乳液の選び方が大切になります。

 

 

 

正しい選び方は?

正しい乳液の選び方としては、最初に自分の肌のタイプを見極めて、それに合ったものを選ぶことが大切です。

 

 

 

乾燥肌

 

 

乾燥肌の人が油分の少ないものを使うと、潤いが足りなくて余計に乾燥を招いてしまったり、反対に脂性肌の人が油分がたっぷり含まれているものを使うと、毛穴が詰まったりニキビができるなどの肌トラブルを招く可能性があります。

 

 

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

 

まず乾燥肌の人は油分が多く含まれているアイテムを選ぶようにしましょう。

 

 

また乾燥を招くアルコールが入っていないもので、保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶことがおすすめです。

 

 

その中でもヒト型セラミドと呼ばれる保湿力に優れたセラミドが含まれているものを使うと保湿力は抜群です。

 

 

乾燥肌の人は肌が非常にデリケートな状態にあるので、敏感肌用と書かれているものを選ぶと安心です。

 

 

 

混合肌

 

 

次に混合肌の人です。

 

 

混合肌とはおでこや鼻の周りなどは脂っぽいけれども、口周りや頬などには乾燥を感じるなど、油っぽい部分と乾燥した部分が混在している肌のことを指します。

 

 

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

 

混合肌の人はさっぱりしたタイプとしっとりしたタイプの2種類のものを用意して、部位ごとに使い分けることが大切です。

 

 

油っぽさが気になるTゾーンにはさっぱりタイプのものを使用し、乾燥が気になるUゾーンにはしっとりとしたタイプのものをつけるなど、部分ごとに変えるようにしましょう。

 

 

そして混合肌の人はビタミンC誘導体が含まれているアイテムを選ぶと、毛穴を引き締める効果が期待できます。

 

 

毛穴が皮脂の影響で開きやすくなっているTゾーンを中心につけると良いでしょう。

 

 

脂性肌

 

 

最後に脂性肌の人は、皮脂が過剰に分泌されてニキビができやすい状態の肌になっているので、油分が10パーセントほど含まれているさっぱりとしたタイプの夏用のものがおすすめです。

 

 

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

 

皮脂の過剰分泌によってニキビができている場合には、ニキビの炎症を抑えてくれる効果が期待できるグリチルリチン酸トラネキサム酸が含まれているものを選ぶと、ニキビには一番良い肌の状態を作り出すことができます。

 

 

脂性肌の場合には、化粧水をつける時点でしっかりと水分を与えることを意識し、油分については薄くのばす程度にとどめておくとよいでしょう。

 

 

年齢別で選ぶ

このように自分の肌の状態によって使い分けることも大切ですが、年齢によってもよく考えながら選ぶ必要があるでしょう。

 

 

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

 

20代の人が選ぶ場合には、水分をしっかりと補いながら油分はできるだけ控えめにすることを意識し、肌に潤いを与えることができるものを選ぶようにしましょう。

 

 

30代になると肌の水分と油分が不足しやすくなり、20代のころよりも肌が乾燥しやすくなるといわれています。

 

 

30代後半にもなると、多くの人が乾燥によってくすみやしわが気になってくる頃なので、水分と油分をともに丁寧に補うことが大切です。

 

 

そして40代以降になると肌は水分も油分もともに不足しがちになり、乾燥だけではなく加齢による老化のサインが気になりだす頃です。

 

 

水分と油分の補給をしっかりと丁寧に行い、エイジングケア化粧品も上手に取り入れていくようにしましょう。

 

 

無理なく続けられる価格帯のものを

 

 

このようにさまざまな選び方のポイントがありますが、大きな基準の一つに、続けられる価格帯のものを選ぶことが挙げられます。

 

 

どのようなコスメにも言えることですが、化粧品は継続して使用することによって、その効果を実感することが期待できるといわれています。

 

 

スキンケアで重要な役割を担う乳液コスメの選び方

 

 

いくら自分の肌に合うと感じた化粧品であっても、高すぎてこれ以上はもう続けられない、もったいないから推奨されている量の半分だけ使うような使い方をしてしまうと、効果を十分に実感することはできなくなってしまいます。

 

 

毎日のスキンケアで使うものであるため、これからも無理なく使い続けていける価格帯のものを選ぶことも大切です。

 

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP