生理中に(ボディ)痩身エステを受けるのがNGな理由

生理中に(ボディ)痩身エステを受けるのがNGな理由

せっかくのエステ予約の当日なのに・・・

 

 

今日は予約していたエステの日!

 

 

ウキウキして起きたけど嫌な予感・・・運悪く生理が始まってしまったことはないですか?

 

 

ずっと行きたくて予約の日を心待ちにしていたし
行っても大丈夫でしょ!

 

 

担当さんにも内緒にしておけばバレないバレない』なんて考えている人!

 

 

ちょっと待って!

 

 

生理の日は基本的にサロンから断られますよね。

 

 

断るからにはちゃんとした理由があるのです。

 

 

今回は生理の日にエステがNGな理由を紹介します。

 

 

 

体調不良がさらに悪化しやすい

生理中は、頭痛や貧血からくるめまい、腹痛や腰痛にひどい人は吐き気、さらには体のだるさなど毎度悩んでる人も多いですよね。

 

生理中にエステを受けることを断られる理由の一つとして、この生理の不快な症状が悪化するおそれがあるからなんです。

 

 

生理中に(ボディ)痩身エステを受けるのがNGな理由

 

 

例えば痩身目的で通っている場合、サロンによっては足浴や腕浴から始まり、マシンを使って体を温めたり、ドームに入ったり、パラフィンシートで巻かれたり・・・

 

 

とにかく血行を良くする施術が多い覚えはありませんか?

 

 

全身のマッサージや、脂肪をもみほぐすことにより、一気に血行が促進されます。

 

 

また、お腹に刺激を受けることで、お腹の痛みが増したり、なんだかほてったような、のぼせたような具合の悪さを感じることがあります。 

 

 

せっかく貴重な休みを使って、何週間も前からスケジュールを組んで、高いお金を出しているのにこれではあんまりですよね。

 

 

正直もったいないです。

 

 

なので生理中の施術はおすすめできないのです。

 

 

 

貧血を起こしやすい

 

施術することによって不快な症状が悪化すると前述しましたが、その関連で血流がよくなることで、経血の量が増える場合があります。

 

 

そうすると、貧血度がさらに進んで施術後にめまいがしたり、貧血で倒れてしまう場合があるんです。

 

 

こうなると危険ですし、もしサロンで倒れてしまったら恥ずかしくて、気まずくて通いづらくなる場合もありますよね。

 

 

危険なのでおすすめできません。

 

 

また肌が敏感なため、肌トラブルを起こすリスクも

 

 

生理中に(ボディ)痩身エステを受けるのがNGな理由

 

 

生理中は普段より肌が敏感になります。

 

 

普段カミソリでムダ毛処理をしても問題がないのに、なぜか肌が赤くなりカミソリ負けしてしまった。とか

 

 

普段通りにスキンケアしているはずなのに、なぜか肌が荒れてきた。とか

 

 

生理中は何かと肌トラブルが付きものです。

 

 

そんな日にエステに行けば、何かしら起こってもおかしくはないのです。

 

 

サロンによっては痛いくらいにもみほぐす施術方法もありますし、痛くない施術をうたっているサロンでもなにかしらマシンを使ったり、マッサージが必ずありますよね。

 

 

敏感な体にそんな刺激をあたえてしまうと、炎症で赤くなってしまったり、やけどっぽくなってしまったり、内出血がおきてアザができたりと、キレイになるために行ったはずがボロボロになることも・・・

 

 

しかも大抵のサロンはその炎症やあざが治るまでは、施術を断られる場合が多いので、せっかく計画的に予約をして通うつもりだったのに、そのプランが台無しになる場合もあるので、生理中の施術はやめましょう。

 

 

やっぱり経血が気になる・・・

 

 

大抵のサロンで経験があると思いますが、紙ショーツに履き替える場合が多いですよね。

 

生理中に(ボディ)痩身エステを受けるのがNGな理由

 

 

下着から紙ショーツに履き替えて、紙ショーツにナプキンを付け替えて・・・

 

がまずめんどくさい。

 

 

それになんだか落ち着かないですよね。

 

 

『漏れないかな、ナプキン見えてないかな。』

 

 

なんてヒヤヒヤしながら施術を受けてもリラックスすることはおろか、なんだか終わった後にどっと疲れてしまうなんてことも。

 

 

さらにTバックタイプのショーツなら、ナプキンをつけるところがないですよね。

 

 

ましてやタンポンでも、気になるのが乙女心ではないでしょうか。

 

 

また、もしも白いシーツやタオルだった場合に経血がついてしまったら・・・

 

 

もう来なきゃ良かった。

 

 

なんて後悔でいっぱいになることも。

 

 

それに匂いも気になるところですよね。

 

 

そんなこんなで生理中のエステは、何一ついいことはありません!

 

 

スケジュールが合わなくても行くのはやめましょう。

 

 

じゃあ、いつに予約を変更するのがベストか

 

 

ズバリ生理後です。

 

 

なぜなら普段の日に行くよりも、生理後の方が効果が高く得られやすいからです。

 

 

生理前と生理中は、たいていの人が自覚がある通り、ちょっと普段と様子が変わりますよね。

 

 

なんだか口寂しくて食べたい欲求が出てきたり、イライラしたり、疲れやすかったり。

 

 

そう、ホルモンバランスが乱れているせいなんですね。

 

 

このホルモンバランスが乱れている時期は、どう頑張っても痩せにくいんです。

 

 

しかし、生理が終わってエストロゲンというホルモンが増え始めると、一気に痩せやすい体に早変わりするんです。

 

 

生理中に(ボディ)痩身エステを受けるのがNGな理由

 

 

生理前の暴飲暴食で増えた体重が、自然にリセットされた経験はないですか?

 

 

まさにこの生理終わった直後に痩身を受ければ、効果も時間しやすいのです。

 

 

なので初めから生理周期がしっかり決まっている人は、生理直後を狙って予約するのも一つの手なんですよ。

 

 

ここまで紹介してきましたが、生理中の施術がいかにリスクしかないかが伝わりましたでしょうか。

 

 

憂鬱な生理もうまく利用して、上手にエステを使ってキレイになってくださいね。

 

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP