20代がするべきスキンケア!将来のために肌を大切にしよう

最先端の美は、女性たちの「キレイになりたい!」をサポートする美容サイト。

 

肌の悩みやダイエット方法など美容・健康に関する知識やケア法、食事や運動のアドバイス等、様々な情報を配信します。

 

 

いまのうちから紫外線対策

20代といえばまだまだ肌も若く、スキンケアを怠りがちです。

 

しかし、肌は若いうちから手入れしておかないと年齢と共に衰えていってしまいます。

 

年を重ねるごとに増えていくのがシワシミ

 

 

 

 

20代のときはあまり気にならないかもしれませんが、30代も後半を過ぎてくると急にシワとシミが増えていきます。

 

シワシミは加齢によって突然できるものではありません。

 

実は若いうちに肌に蓄積されたダメージが、30代を過ぎたあたりからシワとシミになって表れているのです。

 

蓄積される肌のダメージとなるのが紫外線

 

20代のときに紫外線対策を怠ってしまうと、月日の経過で日焼けは治っても肌内部に溜まったダメージまでは消えません。

 

ずっと肌の奥深く、目には見えないところに残り続けます。

 

また、「日焼けしてないから大丈夫!」なんて考え方は甘いです。

 

 

 

 

日焼けしていなくても太陽の光に当たれば、当然肌は紫外線を吸収します。

 

夏場に外へ出る際は、たとえ数十分の間だったとしても日焼け止めクリームを必ず塗るようにしましょう。

 

 

 

厚化粧はNG!

20代といえばようやく成人して、自由も増える年頃です。

 

学生でも社会人でも、メイクには気合が入ることでしょう。

 

高校を卒業して初めて化粧を覚えた人にとっては、20代がもっともメイクが楽しい時期になるのかもしれません。

 

 

 

 

しかし、メイクが楽しいからといって肌の負担のかかる厚化粧ばかりするのはNGです。

 

化粧品というのは基本的にどれも化学製品です。

 

油分も多く含まれています。

 

毎日過度なメイクをして長時間そのままで過ごしたりすると、それだけで肌は大きなダメージを受けてしまいます。

 

間違っても化粧をしたまま寝落ちてしまったなんてことをしてはいけません!

 

化粧をしたまま寝てしまうと毛穴が広がったり、ニキビの原因になったり、肌の老化を進行させてしまいます。

 

化粧をすること自体は何も悪いことではありませんし、若いうちに身をもって化粧の仕方を学んでおくのは良いことです。

 

しかし、「化粧をしたら必ず綺麗に落とすこと!」これを忘れないようにしてください。

 

 

 

優しく洗顔、しっかり保湿

年を取ると肌は老化するばかりではなく、ニキビ吹き出物が治りにくくなっていきます。

 

将来肌荒れに悩まされないためにも、スキンケアは若いうちから入念に行いましょう。

 

20代からのスキンケアでもっとも大切なのは刺激の少ない洗顔方法と、保湿をしっかりするということ。

 

この2つを意識するだけで、かなり肌質が改善されていきます。

 

洗顔は当然顔の肌を清潔に保つためのものですが、やりすぎると毛穴が広がったり、乾燥肌になったりして、逆に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

 

洗顔はたっぷりの泡で顔全体を包み込み、優しい手つきで洗うようにしましょう。

 

 

洗顔後の保湿は非常に大切!

 

 

 

 

それというのも美肌のために必要な油分は、加齢と共にどんどん失われてしまうから。

 

乾燥肌はニキビや黒ずみだけでなく、シワ、シミの原因にもなります。

 

20代から保湿をしっかりすることで30代からの乾燥肌を予防しましょう!

 

女性の加齢は特に肌に表れると言われます。

 

いつまでも若々しさを保っていたいと思うなら、20代の若いいまこそスキンケアに力を入れるようにしましょう!

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP