美容成分であるアルジルリンの効果について

美容成分であるアルジルリンの効果について

 

 

アンチエイジングといえばボトックス注射!

 

 

年齢を重ねるとどうしても、額や目元、口元などにシワやほうれい線などが現れてしまいます

 

 

このようなシワがはっきり出てしまうと老けた印象になってしまい、それを隠すために毎日厚化粧になっているという女性も多くいるのが現状です。

 

 

こんなシワを改善するためには、毎日のスキンケアなどが重要となってきます。

 

 

美容成分であるアルジルリンの効果について

 

 

根本的にしっかり改善したいという場合には、美容クリニックなどでボトックス注射を受けるのも効果的です。

 

 

ボトックス注射は、ボツリヌストキシンという薬剤を注入することによって、局所的に神経と筋肉の間をブロックし、筋肉の収縮を弱めてシワの治療薬として利用されている治療方法になります。

 

 

シワの改善などに役立ちますが、美容クリニックに行く時間がなかったり、治療費が高くて長く続けていく自信がないという人には、化粧品を利用してシワを改善していくことがおすすめです。

 

 

 

ボトックスに似ている『アルジルリン』とは

 

 

ボトックスと似た働きをする美容成分がアルジルリンという成分になります。

 

アルジルリンを配合した化粧品を塗ることによって、ボトックスと同じ効果を期待することができ、塗るボトックスとも呼ばれています。

 

 

美容成分であるアルジルリンの効果について

 

 

アルジルリンは、ボトックス注射が法律で禁止されているスペインの会社が、ボトックスの代わりとして開発した成分のため似た働きを期待できるようになっています。

 

 

ボトックスの場合、ボツリヌス菌から抽出した成分を無毒化して薬剤として気になる部分に注射しますが、この成分を配合した化粧品であれば、塗るだけで同様の効果を期待できます。

 

 

ボトックスと同じように筋肉の動きを抑制することができるため、表情を変えることでできる眉間や目尻、額などのシワを改善することができるのです。

 

 

 

ボトックスのデメリット

 

 

ボトックスの場合、直接皮膚に注射を刺して薬剤を投入しますのでどうしても痛みが出てきてしまいます。

 

 

また、腫れなどのダウンタイムなどが出てきてしまいます。

 

 

美容成分であるアルジルリンの効果について
ボトックスは継続して治療を行うことによって作用を発揮します。

 

 

そのため注射が苦手という人にはストレスになってしまったり、保険適用外のため料金が高いことからコストもかかってしまいます。

 

 

作用する期間は半年ほどしか効き目がないため、その度に定期的に通院する必要があり時間もかかります。

 

 

また、ボトックス注射のリスクとしては注入する薬剤の量を間違えてしまうと、表情筋の動きが悪くなり無表情になってしまう副作用もあります。

 

 

ボトックスはこのようなデメリットがあることから、アルジルリンを配合した化粧品を利用する方が、効率的かつストレスなく安全に続けられると考えられます。

 

 

 

 

アルジルリンの成分、効果効能

 

 

アルジルリンがどのような成分なのかわからないから不安という場合には、どのような作用があるのかをきちんと理解してから利用することをおすすめします。

 

この美容成分は、植物由来のアミノ酸が結合した物質であるオリゴペプチドの一種になります。

 

 

低刺激ながらも肌への信頼性が高く浸透性にも優れているのが特徴です。

 

 

使い続けることによってボトックスと同等の働きが期待することができますが、作用が実感できるのは2週間〜1ヶ月程度かかるとされています。

 

 

使い続けることによって、ピンとハリのある健やかな美肌を作ることができます。

 

 

美容成分であるアルジルリンの効果について

 

 

特に笑い皺や眉間のシワ、額のようなジワなどの表情ジワに対しての働きが期待することが可能です。

 

表情ジワは皮膚を引っ張る筋肉が緊張することに引き起こされ、神経伝達物質の過剰な分泌によって起こると考えれています。

 

 

この成分は、この筋肉を緊張させてしまうカテコールアミンという神経伝達物質の分泌や約40%抑えることができるとされています。

 

 

過剰分泌していた神経伝達物質を40%抑えることができれば、筋肉の緊張を緩和してそこから引き起こされるシワも改善することにつながります。

 

 

ただし、濃度には注意が必要です。

 

 

濃度が濃いから効率的に改善できるというわけではなく、肌に合った濃さのものを利用することが大切となります。

 

 

肌の適応力や回復力にあった濃度でケアしていくことが副作用なく肌トラブルを改善します。

 

 

肌の保湿力を高めることや、新陳代謝を促進してターンオーバーを整えるなどの基本的なエイジングケアを同時に行うことによってより高い効果を得られます。

 

 

化粧品の成分は、バランスが重要となります。

 

 

 

近年、アンチエイジングケアが大注目

 

 

この美容成分は、もともと水溶性のペプチドのため肌のバリア機能の通貨が悪く、肌の奥にまでは浸透しにくい成分とされてきました。

 

 

しかし、近年では技術的な進歩によって高浸透型の製品が販売されたり、浸透をサポートする成分が同時配合されていることが一般的です。

 

 

美容成分であるアルジルリンの効果について

 

 

多くの場合エイジングケア用の美容液やクリーム、ジェルのようなタイプで販売されており、他のエイジングケア成分も配合されています。

 

 

シワだけではなく、くすみやシミなどの年齢とともにあわられる悩みも改善できる総合的なアンチエイジングができるようになっていることが一般的です。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP