エステサロンのセルライト施術が痛いというのは本当なのかについて

 

セルライトは成人女性の8割近くにみられる症状

 

セルライトと言えば、お尻や太ももなどを手でシワを寄せると目視しやすくなり、肌がボコボコしたオレンジの皮の表面みたいになる現象で、その原因は長年溜め込んだ脂肪と様々な老廃物が結合してできます。

 

男性に比べて体脂肪の割合が多い女性の場合は特に目立って、成人女性の8割近くにみられる症状で、一度できてしまうと自然に消える事が無く、どんどん増えていって痩せにくい身体になって行きます。

 

また外見だけでなく女性によくみられるむくみや冷え性などの症状の原因にもなり、健康にも影響を与えます。

 

エステサロンのセルライト施術が痛いというのは本当なのかについて

 

そして、セルライトのケアは自宅でも行う事が出来ますが、自分で行うのはかなり大変なのでそんな時に有効なサービスに、美容エステサロンなどの痩身施術があります。

 

でもよく口コミを見てみると殆どの書き込みで、痩身施術全般に痛みが伴い、痩身施術の中でも特にセルライト対策が痛いと書かれています。

 

そこでエステサロンを利用したら何で痛いのかの理由を考えてみました。

 

 

痛みを強く感じるエステほど痩せる効果が高い

 

エステで痩身治療を行った時の痛みを感じている人の口コミを読んでみると、初めて治療を受ける事で体自体がその痛みについて慣れていないため、想定外の痛みによって大げさに感じている人も多いようです。

 

特に若い頃からエステに通っていて痩身治療自体がどんな物か経験した人はまだ脂肪がない若い頃に治療を体験しているので、脂肪が少ないためマッサージもそこまで強烈ではないです。

 

だけど中年になってために溜め込んだ落ちにくい脂肪を溜め込んだ状態で痩身治療を受けに行くと、当然若い頃と同じように優しくマッサージしても落とせないため、マッサージ自体に慣れていないのに強烈にやられて激しい痛みをかんじます。

 

エステサロンのセルライト施術が痛いというのは本当なのかについて

 

また若くても中年以降でもダイエット効果を売りにしているエステサロンほど、効果を高めるために強めにマッサージしたりマシンの出力を高くして治療を行います。

 

痩身治療はそもそもの目的がダイエットして細い体を目指す事なので、効果の高い美容エステに行けば、それに比例してマッサージやマシンの出力が強くなりその分激しい痛みを感じます。

 

つまり痛みを強く感じるエステほど痩せる効果が高くて、あまり痛みを感じないエステは緩やかに時間を掛けて痩せて行くという傾向があり、どちらを選ぶかによって痛みの差があるようです。

 

さらに痛みに対しても個人差があって、出産を経験して激しい痛みを耐えてきた女性は痛さに対して耐性がある分、出産を経験して来なかった女性に比べて我慢強くあまり痛く感じないという意見もあり、個人差も大きいです。

 

そんな痛いと言われている美容エステの痩身治療ですが、特に痛みが酷いと言われているのがセルライト専門コースです。

 

 

セルライトの痩身コースはなぜ、そんなに痛いのか!?

 

何故痛みが酷いのかというと、

 

お腹やお尻や太ももにゴリゴリしたしこりのような硬い塊が沢山できている箇所を強い圧力をかけて握り潰したり捻りつぶしたり力いっぱい流そうとするからです。

 

上記でも書きましたが脂肪と老廃物が結合して、かなり硬いしこりのようになったもので、血流が悪くなって出来ている物でマッサージで解消するためには誰がやってもかなりの力でマッサージする必要があります。

 

またマシンを使って出来たしこりを潰して破壊するためには、通常の脂肪を溶かすよりも高出力にしないと分解できないため、その分熱や痛みが強くなります。

 

但しこんなに痛い施術を続ける事はかなり痩せたいというモチベーションが高く無いと続けられないので、エステティシャンに相談すれば、マッサージをやる時にある程度手加減してくれたり緩急をつけてやってくれたり、マシンを調整して痛みを緩和して治療を行ってくれます。

 

エステサロンのセルライト施術が痛いというのは本当なのかについて

 

申告しないで苦痛の顔をしていても、殆どのエステティシャンは痩せさせる事を第一目的として通っていると思って手を緩めてくれないので、ちゃんとコミュニケーションして痛くしないでほしいと伝える必要があります。

 

確かにセルライトを破壊するのには強いマッサージも有効ですが、それ以外にもキャビテーションなどのマシンを使った方法があります。

 

 

キャビテーションとは?

 

キャビテーションは、

 

ラジオ波などを直接硬いしこりにあてて、脂肪の中で埋もれてしこりになっている塊を直接熱によって溶かして柔らかくして、肌の外に排出されやすいようにするマシンです。

 

キャビテーションはメスで切らないで行える脂肪吸引治療とよばれていて、これでしこりを柔らかくしてからマッサージを行えば、強く揉まれてもしこりが柔らかい分痛みが少なく治療を受ける事が出来ます。

 

またこのしこりを溶かす効果はかなり高くて、以前はサウナで温めてマッサージして揉みだす治療を殆どの美容エステで行ってましたが、キャビテーションマシンを導入する美容エステが主流になりました。

 

エステサロンのセルライト施術が痛いというのは本当なのかについて

 

キャビテーションマシンを使った美容エステが増えた結果、かつての強烈なマッサージによる施術に比べて、大幅に痛みを軽減して効果的な治療を行えるようになって施術の苦痛が緩和されて通いやすくなりました。

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP