ニキビ診断、治し方とその種類とは

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

ニキビの基本的な定義

 

 

ニキビ思春期特有のものと思っていることが多いですが、実は働き盛りである20代でもできてしまうものです。

 

原因は思春期の時とは異なるので、同じように対処をしていてもなかなか良くならないことが多いです。

 

しかも、年齢が高くなったり思春期の頃にむやみにかいてしまい、皮膚を傷めてしまうと後が残ってしまうこともあり、対処法が本当に大切なるんです。

 

そのためにはしっかりとニキビに対しての知識を得ておくことが必要となりますね。

 

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

ニキビの基本的な定義は皮脂が毛穴を詰まらせそこに炎症が起きてしまうことです。

 

種類としては、白、黒、赤や黄色、紫といったようにいろいろあり、症状もそれぞれ異なります。

 

まず、白の場合老廃物皮脂が詰まってしまい、それが盛り上がることによって起こります。

 

が詰まっているような状態でつぶすとどろっとしたものが出ることもあります。

 

 

 

 

ニキビの種類

 

 


黒は黒色面疱開放面疱とも呼ばれ、先端の部分が黒色になっているものを指します。

 

黒色になってしまうのは、皮膚の内側に存在しているメラニンが表に出てくることが要因となっています。

 

赤のものは、白色ニキビは悪化してしまい炎症を起こしているものを指します。

 

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

大変に目立ち炎症を起こしているので治りにくいのが特徴で主に顔にできやすく、かゆみも伴うので精神的に苦痛に感じることも多いです。

 

この炎症が治まり、色素沈着をしてしまったものが紫色のものになります。

 

悪化してしまうと白色から赤色へ、そして紫と変わっていくのも特徴といえるでしょう。

 

では、そもそもなぜできてしまうのでしょうか。

 

 

 

 

ニキビの様々な原因

 

 


原因にはさまざまなことがあげられますが、まずはホルモンバランスがあります。

 

ホルモンは思春期に多く分泌されますが、その結果毛穴が詰まりやすくなってしまい簡単にできてしまいます。

 

20代であれば睡眠不足ストレスといったことが原因としてあげられ、女性の場合はシャンプーが残っていることによる炎症やよくファンデーションを落とさないことによるもの、男性であればひげをそる時に清潔な道具を使わなかったシェービング剤が合わない、といったことがあげられます。

 

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

皮膚は敏感であるので、外部の刺激だけでなくストレスがたまるなどの内部の刺激も影響を受けてしまうので、できるだけストレスをためない生活をすることが大切になりますね。

 

つくらないためには、十分に睡眠をとる室内の乾燥をできるだけ避ける肌に刺激となることをしない栄養をしっかりと摂るていねいにスキンケアを行うといったことが重要です。

 

睡眠はストレス解消になるだけでなく、皮膚が回復するのに役立つ成長ホルモンが睡眠中に分泌されるので大切なのです。

 

 

 

ニキビの悪化を防ぐ

 

 


スキンケアに関してもごしごしと洗いたくなりますが逆に悪化させてしまうこともあります。

 

できるだけ刺激の少ないものでそっと洗うようにしましょう。

 

1日2回を目安とし、洗顔をした後はタオルで押さえるように水分をふき取ってください。

 

もし突っ張る感じがしたらしっかりと保湿も行いましょう。

 

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

 

過度に肌が乾燥してしまうとさらに皮脂を分泌させてしまうので注意してくださいね。

 

ニキビと診断されたら治し方に戸惑うこともありますが、治し方は意外とシンプルです。

 

思春期であれば肌を清潔にすることが大切ですから、ていねいに洗顔をすることを心がけ、余分な皮脂を落とすようにします。

 

できてしまうとどうしようと焦ってしまい、なんとかしようと顔をごしごし洗ってしまいますが、これは悪化させてしまう元です。

 

 

 

生活習慣の見直し

 

 


専用の洗顔フォームを良く泡立て優しくていねいに洗うようにしましょう。

 

思春期はいわゆるTゾーンに皮脂が多くでるので、そういった部分を中心に洗うと良いですね。

 

大人の場合は、生活習慣を見直すのが一番です。

 

 

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

大人の場合もできてしまうと何とか隠そうとファンデーションコンシーラーを使用してしまいますが、こういったことも悪化させてしまう原因となります。

 

大人はあご口のまわりにできやすいので、洗顔後は適度に保湿をして肌の状態を良くするようにしましょう。

 

おでこ髪の毛の生え際にできてしまった場合はシャンプーやメイクが影響している可能性があります。

 

あまりにも良くならない場合は変えてみるのも良いですね。

 

 

 

初期の段階で治す

 

 


ニキビと診断されたら初期の段階で手を打つのが一番の近道です。

 

初期であれば洗顔後保湿を行いますが、白色のものになってしまった場合はすでに皮脂が溜まりつつあるので、根本的に治していかないといけません

 

 

ニキビ診断、治し方とその種類とは

 

 

ホルモンバランスを整えるのと同時に、皮膚科などで面法圧出を行うと跡が残りにくくなり、さらに炎症も起こりにくくなります

 

赤色になってしまうと炎症を起こしているので、跡が残ってしまう可能性が高くなります。

 

炎症をまず止めないといけないので、ステロイドなどの薬を使いながら治していきますが、安易に自分で解決しようとせず、医療機関を受診して適切な方法で治すようにしましょう。

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP