注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

注目の美容成分としてアルギニンとは??

 

美容に関心がある女性は多いですが、乾燥や肌荒れしわやたるみシミやくすみ等で悩んでいる方も多いです。

 

しわやしみ、乾燥等個別に効果がある様々な美容成分が存在しますが、肌トラブル全般的に効果がある美容成分が存在するのか疑問を感じるのではないでしょうか。

 

注目の美容成分としてアルギニンが存在し、肌トラブル全般を改善させることができます。

 

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

 

タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、肌を保湿する効能があり、新陳代謝を促し美しい肌へと変化させることができると考えて間違いありません。

 

アミノ酸には様々な種類が存在しますが、他のアミノ酸より水と結合することができるため、特に乾燥に対して保湿効果に優れていると考えられています。

 

 

肌は角質層や表皮層、真皮層に分かれている

 

具体的には、肌は角質層や表皮層、真皮層に分かれていますが、角質層の水分が不足すると肌が乾燥することになります。

 

皮膚は角質層に常に10パーセントから20パーセントの水分を含んでおり、角質層に含まれる水分が10パーセント以下になると肌が乾燥してひびが入ります。

 

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

 

角質層の水分は、NATURALMOISTURIZINGFACTORとよばれる保湿成分により潤いが保たれており、皮膚を乾燥から保護しています。

 

約40パーセントがアミノ酸となり、角質層を保湿する効果や肌のバリア回復機能があることが認識されています。

 

 

バリア回復機能の効果

 

保湿については、アルギニンを配合したクリームタイプと配合していないクリームタイプを21日間使用し肌の状態を比較したとこころ、配合されているクリームタイプ改善しました。

 

保湿効能が優れていることが認識できますが、バリア回復機能の効果に関しては、某化粧品メーカが2000年に技術情報を公開しています。

 

粘着テープで皮膚表面の角質細胞を剥離した際、バリア機能が回復していく過程の中で、アルギニンの影響を皮膚表面から水分が蒸散される皮膚水分蒸散量を指標として評価した際、水より回復率が高いことが立証されています。

 

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

 

具体的には、皮膚表面から水分が蒸散される皮膚水分蒸散量の6時間後、水は70パーセントアルギニンは75パーセント回復率となりました。

 

バリア機能を回復させると同時に肌荒れを改善することもできますが、細胞の修復や増殖に欠かせないポリアミンも含まれており、荒れた肌を改善させ、美しく整える効能もあります。

 

肌荒れを改善させると同時に、成長ホルモンの分泌や血流を促進させることも可能です。

 

 

成長ホルモンの分泌の促進

 

成長ホルモンの分泌の促進については成長ホルモンは成長期の10代で最も多く分泌されるといわれており、40代で約半分に低下することが証明されています。

 

成長ホルモンを促進する効能があるということで、40代でもコラーゲンの生成を促すことができます。何故コラーゲンの生成を促すことができるのか疑問を感じるのではないでしょうか。

 

成長ホルモンを促進させることで夜寝ている間に脳下垂体から分泌を促進することができ、肝臓がインスリン様成長因子1を分泌するよう促し肌細胞に働きかけコラーゲン等の生成を促進することができると考えて間違いありません。

 

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

 

コラーゲンも老化しますが、ブドウ糖と反応することでコラーゲンが切れ、硬くなったり柔軟性がなくなることが認識されています。

 

ブドウ糖と反応したコラーゲンは年齢を重ねると蓄積ししみになったり、活性酸素を発生させて肌を傷めることもあります。

 

コラーゲンがブドウ糖と反応して老化を防ぐ方法が存在するのか気になるのではないでしょうか。

 

 

コラーゲンの老化を防ぐと??

 

アルギニンによってコラーゲンの老化を防ぐことができ、コラーゲンの生成と同時にコラーゲンの老化も防ぎ、しわやたるみを防ぐことができるアンチエイジングを行うことができます。

 

アンチエイジングに関しては、血流を促進させることができるため、肌のくすみや唇の色の改善も行われ、肌が綺麗になると考えて間違いありません。

 

血流については、オルニチンと呼ばれる尿素の回路の一員としてアンモニアの解毒にも関わっており、一酸化窒素が発生することにより血管を広げることができるため血流が良くなります。

 

一酸化窒素に関しては、アルギニンはシトルリンから転換されますが、その際も一酸化窒素が発生することになります。

 

一酸化窒素は酸化を抑えることができる抗酸化作用も存在し、体内で増えた活性酸素を除去することができるため、老化を防いでくれる働きがあると考えて間違いありません。

 

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

 

 

いつ使用したり摂取したらよいの??

 

様々な効能を化粧品を使用したりサプリメントを摂取することで実感することができますが、いつ使用したり摂取したらよいのか疑問を感じるのではないでしょうか。

 

含まれている成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌されることが認識されているため、サプリメントを摂取する際は就寝前に行うことをお勧めします。

 

成長ホルモンの分泌促進をより認識することができます。

 

 

注目の美容成分であるアルギニンは乾燥に効果があるだけではなくくすみの効能評価も高い

 

 

また、就寝前にサプリメントを摂取する際はビタミンCも一緒に摂取すると、ビタミンCの抗酸化活性により一酸化窒素の働きをより高めることができます。

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP