40代のエイジングケアと美容液のトレンドについて

40代のエイジングケアと美容液のトレンドについて

 

40代女性の悩み・・・

 

40代になるとエイジングケア用の化粧品を使っている女性も多いです。

 

エイジングケアとは年齢を重ねることで肌に現れるシミやシワほうれい線など様々な肌トラブルに対するケアを指します。

 

加齢に対するケアには様々な種類がありますが、最も身近なのが毎日のスキンケアです。

 

最近は自宅にいながら国内外の優れた化粧品を購入することができます。

 

エイジングケア化粧品は数が多いですが、特に美容液は人気が高いです。

 

美容液を選ぶ際に重要になるのが美容成分になります。

 

配合成分をよくチェックして自分の肌に合う化粧品を使うことで、健やかな肌を維持することが可能です。

 

一般的に美容液は肌の状態を考えて選びます。

 

40代の女性の悩みで多いのが乾燥です。

 

 

40代のエイジングケアと美容液のトレンドについて

 

 

最近のトレンドを見ても、乾燥対策を考えた化粧品が多くなっています。

 

乾燥した肌のケアに適した保湿サポート成分ではセラミドヒアルロン酸コラーゲンが有名です。

 

肌のセラミドが不足している場合は、セラミドが配合されている化粧品を使います。

 

セラミドは角質層の細胞間脂質の主成分で、様々な種類があります。

 

基本的にすべてのセラミド水分の保持をサポートしていますが、特性はそれぞれ異なります。

 

人間の皮膚にあるセラミドの中ではセラミド1セラミド2セラミド3が重要です。

 

1は肌のバリア機能を保つために必要で、2と3は肌をしっかり保湿します。

 

セラミド2はセラミド全体の約2割を占めているので、肌への影響力が強いです。

 

セラミド3が減ってしまうと皮膚が敏感になり肌トラブルの原因になります。

 

美容液に配合されているセラミドは4種類あり、天然タイプは動物の脊髄や脳から抽出したものです。

 

動物由来の成分なので保湿力が高くなります。

 

 

 

新陳代謝を高める必要性

 

ヒト型タイプは、酵母を使って生成されます。

 

人間の皮膚に含まれているセラミドと化学構造が同じなので、浸透力にも保湿力にも優れています。

 

日本で昔から親しまれてきた米ぬか油から抽出したセラミドは植物性セラミドになります。

 

ヒアルロン酸は多くの保湿化粧品に配合されている人気成分です。

 

水分を保持する力が高く、肌を乾燥から守ってくれます。

 

コラーゲンは水分を保ちながら保湿できます。

 

エイジングケア用の美容液には美白成分が配合されていることが多いです。

 

40代になるとシミができやすくなるので、毎日のスキンケアでシミ対策をします。

 

シミに効果的な成分ではビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスの人気が高いです。

 

厚生労働省でも美白有効成分として認可されています。

 

 

 

40代のエイジングケアと美容液のトレンドについて

 

 

ビタミンC誘導体は多くの美白化粧品に配合されている美容成分で、シミを改善し予防します。

 

ニキビやニキビ跡の改善も可能で、ターンオーバーを正常にしてくれます。

 

コラーゲンの生成を促し、老化の原因になる活性酸素を無害化することができます。

 

ビタミンCは安定しないので浸透しやすく加工されているのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体はエイジングケアには欠かせない成分として多くの女性が使っています。

 

アルブチン美白効果が高く肌に対する刺激が少ないのが特徴です。

 

プラセンタエキスは胎盤エキスのことで、化粧品として皮膚に塗る以外に注射や経口摂取もできます。

 

プラセンタには豊富な栄養が含まれています。

 

アミノ酸やタンパク質が豊富で、新陳代謝を高めて健やかな肌へと導きます。

 

アミノ酸はNMFと呼ばれる天然保湿成分の主成分として知られています。

 

天然保湿成分は肌の潤いを維持するために重要な要素で、加齢などでターンオーバーが乱れると天然保湿成分が減少して乾燥の原因になることがあります。

 

プラセンタ配合の化粧品を使うとアミノ酸が表皮に浸透して、セラミドや天然保湿成分の生成を促しターンオーバーが正常になります。

 

新陳代謝が高まることで、シミ対策とシワ対策ができます。

 

 

肌の老化に必要なもの

 

40代になると毎日のスキンケアで肌に差が付きます。

 

肌が老化する大きな原因3つあります。

 

3つとは加齢と紫外線、生活環境です。

 

20代の頃は約28日で肌が生まれ変わっていましたが、40代になると肌の生まれ変わりが遅くなります。

 

肌のターンオーバーが乱れると古い角質が残りやすくなり、くすみの原因にもなりがちです。

 

紫外線を浴びても通常は肌の表面に上がって剥がれ落ちていきますが、ターンオーバーガ滞ることでメラニン色素が角質層に長く留まりシミの原因になります。

 

 

40代のエイジングケアと美容液のトレンドについて

 

 

保湿成分は化粧品やクリームにも配合されていますが、40代になると保湿力が足りない場合があります。

 

クリームのようにベタつくことがなく肌につけるとスムーズに浸透する美容液は、肌に足りない美容成分を補うのに便利です。

 

使っているスキンケア商品の全体のバランスを考えて自分に適した化粧品を選択します。

 

人気が高い化粧品でも肌に合わないものを使うと肌トラブルの原因になります。

 

初めて使う化粧品の場合は、サンプルなどで肌に合うか確かめてから使うと安心です。

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP