エステティシャンの仕事内容とそれに対する適正もとい向き不向き

 

エステティシャンの由来であるエステティックの意味は全身美容

 

エステティシャンの仕事内容は美髪以外の美容が基本とされています。

すなわち全身美容というわけですが、そもそもエステティシャンの由来であるエステティックの意味は全身美容です。

 

アルバイトはともかく、プロであればダイエットムダ毛の処理顔のマッサージなどのケアを一通り対応出来なくてはいけません

 

そうした数多くのケアもとい施術が基本業務ですが、もちろん施術に用いる器具衣類の管理サロン内の清掃なども仕事のうちに入ります。

 

特別な資格は現時点ではないものの、美容のためにやってきた利用客の体に触れなくてはならないので身体に関する知識や美しくなるためのスキルを身につけなくてはなりません。

 

たとえ器具に任せる部分が多いとしてもその器具がいかに人を美しくさせるのか、そういった知識を利用客に説明するぐらいの器量は求められます。

 

また口コミレビューを向上させるためにも利用客が満足するようなサービスを常に新しく提供しなくてはなりません。

 

施術前後のカウンセリングや利用客の心情の把握も必須な仕事

 

 

要するに人の肌や体について知識を深める必要があるわけですが、施術前後のカウンセリング利用客の心情の把握必須な仕事として挙げられます。

 

エステティシャンの仕事内容とそれに対する適正もとい向き不向き

 

カウンセリングで利用客のニーズ現在の気持ち理解し、なおかつコミュニケーションによって癒しを与える事もまたエステティシャンの仕事です。

 

実際に現在のエステは美容だけでなく、男性向けのサービスや岩盤浴といったリラクゼーションなど多種多様な癒しを提供しています。

 

そのため仕事内容もサロンごとに差異が出ている状態ですが、大まかに4つの状態に分けられるのが特徴的です。

 

 

まずカウンセリング利用客の肌の状態日頃のお手入れなどを聞き出し、そのうえで今後の方針やニーを決めていきます。

 

それから肌トラブルの解決美肌作りを主にしたスキンケアと小顔をつくる痩身エステを行うフェイシャルエステをし、全身のマッサージをするボディケアをしてから脱毛で完了です。

 

フェイシャルエステボディケアは顔と体、それぞれの部位の血行を改善する働きがあります。

 

特にボディケア体内の老廃物を排出させる作用発汗作用といったダイエット効果があり、男女問わずに大人気です。

 

もちろん脱毛も男女ともに数多くのプランが用意されるほどニーズがあり、それらは全身脱毛部分脱毛に分けられています。

 

働く時間や休日

 

ちなみにエステティシャンの仕事内容はサロンによって異なるものの、働く時間は開始時間が遅いところが共通点です。

 

多くのサロンで開始時間が10時以降なので、それに伴って終了時間も午後22という遅い時刻に終了します。

 

付け加えるなら利用客のために休日や祝日に開店しているところも特徴的です。

 

エステティシャンの仕事内容とそれに対する適正もとい向き不向き

 

そうなると当然休日は平日に与えられますがシフト制が定着しているので、しっかりとスタッフ同士で話し合えば休めます

 

エステティシャンにも向き不向き

 

そんなエステティシャンにも向き不向きという適性があるのは当たり前です。

 

例えば様々なスキルを身につけるには美容好きは外せません。自分が綺麗になることはもちろん、他人を綺麗にする事に対しても好意的な気持ちを持っている人が理想的です。

 

サロンには様々なコンプレックスを抱いている人がおり、太っている事を気にしている人もいれば美女なのにさらに美しくなるために訪れる人もいます。

 

そうした人たちの悩みは「何でそんなことを気にするの」と思ってしまうほど些細な内容がありますが、当人にとってそれは些細な事ではないです。

 

エステティシャンの仕事内容とそれに対する適正もとい向き不向き

 

どんなに小さな悩みでも当人には大きな悩みであり出来事である事を理解し苦しみ辛い気持ち、

 

そして綺麗になりたいという向上心を受け入れて仕事に取り掛かる心構えが求められます。

 

つまるところ、どれだけ親身になれるかが問われるわけです。

 

 

適正が分かるポイント

 

 

次に向き不向きが分かるポイント忍耐が挙げられます。

 

一見は優雅な仕事に見えますが、エステティシャンは体力勝負な世界です。

 

 

新人は先輩に気を遣わなくてはならないという暗黙のルールがあるため、掃除片付けを数多くしなくてはなりません。

 

 

売り上げも先輩を立たせるためのツールに使うのは当然ですが、その先輩とコミュニケーションを続けるのは心身ともに苦しいものです。

 

 

おまけに美容のためのスキルも磨かなくてはならないので、新人から卒業できる数年間のうちに耐え切れずに転職する人が数多くいます。

 

 

いずれにしても、体力に自信があるうえに難しい立場でも努力できる人が向いています。

 

 

そして大切なポイント明るくて前向きであるかどうかです。

 

エステティシャンの仕事内容とそれに対する適正もとい向き不向き

 

不思議なものですが、他人の体に他人が触れると互いの気持ちが触れている箇所から伝わってしまいます

 

痛いところに手を当ててくれると気持ちが和らぎますし両想いの性行為も良い例です。

 

エステでもそれは同様で、不安や自信のなさが利用客に伝わってしまうのは不向きと言えます。

 

自信を持ち、そして明るい気持ちで利用客と接する事ができる人なら自然と利用客も気持ちの良い気分になるので、そうした人は適性ありです。

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP