注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

 

レチノールとは

 

 

注目の美容成分であるレチノールとは何かというと、ビタミンAの一種です。

 

ビタミンAというと、主に緑黄色野菜に含まれている栄養成分として有名です。

 

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

 

正確にいうと、緑黄色野菜にはカロチンという成分が含まれており、これが体内に入るとビタミンAに変わります。

 

しかも元々人間の体内に存在している成分であり、血液中に存在しているビタミンAのほとんどを占めています。

 

種類も、パルミチン酸レチノールトレチノインとある事はあまり知られていません。

 

元々レチノールは熱に弱く、酸素や光による影響も受けやすく非常に不安定なビタミンです。

 

その為成分を壊さずに化粧品に配合するのが非常に難しいですし、そのままつけると肌に刺激が強すぎるというデメリットがありました。

 

そこで化粧品等に配合しやすく肌への刺激を減らすように改良して出来たのがパルミチン酸レチノールです。

 

 

レチノールの成分について

 

レチノールはビタミンC誘導体の事です。

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

ビタミンAの約100倍の作用があると言われており、肌のターンオーバーを促す力が強いというのが特徴として挙げられます。

 

その為シワやシミを改善する医薬品として使われていますが、化粧品への使用は国内では認可されていない為、医師の処方がなければ使用する事が出来ません

 

レチノールの効果や効能

 

では具体的にレチノールにはどのような効果や効能があるのかというと色々とあります。

 

まず皮膚や粘膜を強くする為、シワの改善効果が期待出来るという点です。

 

若い時の肌は針や弾力があり、シワ等ないのに、年齢を重ねていくとシワが出来やすくなるのは肌が生成しているコラーゲンやヒアルロン酸等の美肌成分が減少してしまうからです。

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

その結果肌にハリや弾力がなくなっていきシワやたるみといった老化現象が目立ちやすくなります。

 

美肌成分を作り出す細胞に働きかけて生成を促す働きがあるので、成分として配合されている化粧品を使う事で肌にハリや弾力が戻ってきてシワが目立ちにくくなります。

 

また表皮のヒアルロン酸を増やしてくれるので、肌の保水力は高くなり、バリア機能が正常に働き、その結果肌を乾燥から守り保湿力を高めてくれるという特徴もメリットです。

 

他にも皮脂が過剰に分泌されないように抑制する働きもあり、鼻にブツブツが出来たり、顔が皮脂でテカりを抑えてくれます。

 

ターンオーバーを促進する効果が期待出来る

 

それから肌のターンオーバーを促進する効果が期待出来るというのも大きな特徴です。

 

肌は約1ヵ月周期で古い角質から新しい角質へと生まれ変わります

 

しかしこのターンオーバーも不規則な生活をしていたり加齢等によってすぐに乱れてしまいがちです。

 

ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌にそのままとどまり、その結果シワたるみくすみや黒ずみ肌のトラブルにつながってしまいます。

 

しかしレチノール配合の化粧品を使用する事で、古い角質をはがして新しい角質へ生まれ変わるように促す作用が期待出来、その結果ターンオーバーを促進して、シミや黒ずみが改善し美白へとつながります。

 

あと肌の水分保持力を高めて乾燥肌の改善の手助けをしてくれるというのも大きな効能です。

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

 

 

肌が乾燥するのは、ただ空気が乾いているからというだけでなく、肌のターンオーバーがしっかりと出来ていない事も原因です。

 

 

正常に肌のターンオーバーが行われる事で、新しい角質に生まれ変わった時に肌の潤い成分も共に生成されます。

 

しかしターンオーバーが上手に出来ていないと、潤い成分が作られない為、肌が乾燥してしまいがちです。

 

そしてせっかくターンオーバーが出来ていても、肌の水分保持力が低いと、せっかく生成された肌の潤い成分も逃げてしまい、乾燥につながります。

他にも肌の水分をしっかりと保持してくれる作用があるので、使用する事で生成された潤い成分を肌にきちんととどめるように働いてくれるというのが大きな特徴です。

 

紫外線の影響を減らしてくれる

 

まだまだ有効な効果や効能はあり、紫外線の影響を減らしてくれるという特徴もあります。

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

肌にビタミンAがしっかりあると、紫外線を吸収してくれて、肌の細胞が傷つかないように守り、乾燥やシミ、くすみが出来るのを防いでくれます。

 

ただビタミンAは紫外線によって壊れてしまうので、常に補給しておきましょう。

 

 

 

いつ肌につけるのが良いのか

 

ではこれだけ多くの効果や効能がある成分が配合されている化粧品をいつ肌につけるのが良いのかというと、基本的には朝や夜のスキンケアの時が良いです。

 

より大きな効果を出すには、常に肌に乗っている状態にしておくというのが理想です。

 

その為、夏や運動をしたりして汗を沢山かき、化粧品が落ちてしまった時は、汗をきれいに拭いてから塗り直しましょう。

 

また乳液やクリームの後に塗ってしまうと、油分で成分が浸透するのをブロックされてしまい、有効成分が肌に届かないので注意が必要です。

 

成分が配合されている化粧品を肌に塗る時のコツとしては、一般的にクリームタイプのものが多いので、肌の気になっている箇所に優しく叩き込むような形で塗ると良いです。

注目の美容成分であるレチノールの効果や効能

 

クリームを塗る時は、手で延ばして塗る人も沢山いますが、特にシワ等に成分を浸透させたい場合は、そこだけ集中して少し多めに浸透させるように塗りましょう。

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP