思春期ニキビの原因と治し方について

思春期ニキビの原因と治し方について

 

 

思春期ニキビの原因

 

 

思春期ニキビの原因には様々なものがあり、治し方も様々です。

 

 

ニキビが出来てしまっている原因をきちんと特定して、その原因に応じた最適な治し方を知って対策に努めていくことが大切です。

 

 

思春期ニキビの原因にはどのようなものがあるかというと、成長ホルモンの影響、誤った方法での洗顔やスキンケア、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れによる栄養の偏り、疲労やストレスの蓄積、睡眠不足や運動不足や不規則な生活リズムなどがそれにあたります。

 

 

心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。これらの原因により皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞いでしまうと、アクネ菌が繁殖して炎症を引き起こしてニキビが出来てしまうというメカニズムです。

 

 

思春期ニキビの原因と治し方について

 

 

皮脂の分泌が活発な額や鼻などのTゾーンに出来やすいという特徴があります。

 

 

成長ホルモンの影響が原因の場合は、思春期が過ぎれば自ずとニキビも消えていきます。

 

 

誤った方法での洗顔やスキンケアが原因の場合は、自分が日頃から使用している洗顔料や化粧品やスキンケア方法や洗顔方法などについて見直してみる必要があります。

 

 

皮脂や毛穴の汚れがきちんと落とすことが出来ていないと、アクネ菌はどんどん増殖していきますので、ニキビケアにおいて洗顔は基本となります。皮脂や汚れをしっかりと洗い落として肌を常に清潔な状態に保つことが大切です。

 

 

洗顔料は、洗浄力が高くて泡立ちが良いものがおすすめです。

 

 

ニキビケア専用のものも様々なメーカーやブランドから市販されていますので、自分の肌質や肌の悩みや目的や理想にぴったり合ったものを見つけるということも重要なポイントとなります。

 

 

正しい洗顔方法からスキンケアまで

 

 

洗顔の方法についてですが、まずは肌を十分に濡らしておくことが大切です。

 

 

洗顔料は、スポンジや泡立てネットなどを用いてしっかりと泡立てましょう。

 

 

弾力のある濃密な泡をたっぷりとつくり、泡の弾力を利用するような感覚で皮脂や汚れを吸着させながら洗い落とすのが効果的です。

 

 

肌をゴシゴシと擦りながら洗うと角質を傷付けてしまい肌環境を悪化させてしまいますので、優しく包み込むように洗い上げることを心がけましょう。肌に泡が残らないようにすすぎを徹底することも重要なポイントとなります。

 

 

冷たい水を使うと皮脂を十分に落とすことが出来ませんし、熱いお湯を使うと肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになります。

 

 

ですので、洗顔をする際はぬるま湯を使うのがベストです。洗顔後はタオルで優しく水分をオフしましょう。

 

 

思春期ニキビの原因と治し方について

 

 

洗顔後に使用するスキンケアアイテムについてですが、炎症を抑える働きがあるグリチルリチン酸が配合されていたり皮脂の分泌を抑制したりする効果が期待できる殺菌作用を持つ薬用ローションがおすすめです。

 

 

洗顔後に肌に馴染ませることで、清潔な状態をキープさせることが出来ます。

 

 

肌を清潔に保つことがアクネ菌の増殖を防ぐことにつながり、ニキビが出来にくい肌環境に導くことが出来ます。

 

 

 

食生活や生活習慣を見直そう

 

 

食生活の乱れによる栄養の偏りが原因の場合は、栄養バランスを意識した質の良い食事を心がける必要があります。

 

 

食生活において最も注意しなければならないのが、脂質の過剰摂取です。

 

 

油っこい食事がニキビの大敵となりますので、脂質の摂取を控えるということも大切です。

 

 

脂質の代謝を促す働きがあるビタミンB群を積極的に摂取したり、食物繊維を摂取して食事に含まれる脂質の吸収を抑制したりする工夫も必要です。

 

 

肉類や魚介類や大豆製品や海藻類やキノコ類や卵や乳製品や野菜や果物などの食べ物をなるべく種類豊富に満遍なく食事メニューに取り入れて、ビタミンや食物繊維やタンパク質やミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取することが基本となります。

 

 

1日3食規則正しく食事をとることも大切ですし、喉が渇いていなくても水分補給をこまめに行って新陳代謝を高めることも大事です。

 

 

栄養不足を補うためにサプリメントを取り入れるという方法もおすすめです。

 

 

思春期ニキビの原因と治し方について

 

 

生活習慣において心がけるべきこととしては、睡眠をたっぷりととって疲労をしっかりと回復させたり、成長ホルモンの分泌を活発にさせたり、ストレスを軽減させたり、自律神経の乱れを正常に整えたりする、代謝アップのためにストレッチや体操や筋トレやウォーキングなど適度な運動を日常生活の中に取り入れる、生活リズムが乱れないようにするなどがあります。

 

 

枕やシーツや布団などの寝具の汚れもニキビに悪影響を及ぼしますので、こまめに洗濯して寝具も清潔に保つことが大切です。

 

 

肌の乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌してしまっている人もいます。

 

 

乾燥した肌が自ら潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌しているという状態です。

 

 

頬はかさついているのに額や鼻などのTゾーンはべたついている人はその可能性が高いですので、肌にたっぷりと潤いをチャージして保湿を徹底してみるという方法も試してみましょう。

 

 

痛みや出血やかゆみや赤みなどがひどい場合は、皮膚科で治療してもらうことも大切です。

 

 

思春期ニキビの原因と治し方を知って積極的な対策に努めてニキビの無い健やかな肌に導きましょう。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP