痩身エステの脂肪吸引後はマッサージが大事

痩身エステの脂肪吸引後はマッサージが大事

 

 

脂肪吸引を行うと体はこのように変化する

 

 

ダイエットでは痩せるのが難しい部位などにも効果が期待できる痩身エステの脂肪吸引

 

 

しかし、脂肪吸引後の回復までの期間に行うアフターケアも仕上がりに影響するのです。

 

 

マッサージの習慣がない人にとっては面倒に感じたり、中には痛いと感じたりする人もいるため、億劫になってしまうことがあります。

 

 

ここでは、そもそもなぜマッサージが大事なのか、その理由や注意点についてみていきましょう。

 

 

痩身エステの脂肪吸引後はマッサージが大事

 

 

脂肪吸引は痩せたい部位の脂肪細胞を直接吸引することができるため、難しいと言われる部分痩せが可能です。

 

 

また、厳しい食事制限やつらい運動を行うことも必要なく、痩身効果が期待できます。

 

 

さらに、脂肪細胞自体を除去する施術になりますので、リバウンドの可能性も低いと言われているのです。

 

 

ただし、施術を受けた後には痛みを感じたり、腫れたりする回復までの長いダウンタイムがあります。

 

 

他にも脂肪吸引後の症状として知られるのは皮膚がデコボコしてしまうことです。

 

 

 

でこぼこしてしまう理由

 

 

皮膚がデコボコしてしまう理由は、拘縮と呼ばれるコラーゲンの増加を原因としたものです。

 

 

脂肪吸引では細い吸引管を使用して、皮下層の脂肪組織を吸引します。

 

 

当然ながら、もともと脂肪が存在した箇所には空間ができて周囲の組織はダメージを受けるのです。

 

 

そのため、この空間を埋めたり、ダメージを回復させたりするための修復反応によって拘縮が引き起こされます

 

 

痩身エステの脂肪吸引後はマッサージが大事

 

 

術後1週間くらいから起こる症状で皮膚が硬くなったり、デコボコしたりしますが、その多くは数ヶ月で治ります。

 

 

身体の自然治癒力によるものですので、何もしなくても治りますが、マッサージを行うことが効果的です。

 

 

自然に落ち着いてくるものではありますが、マッサージをすることでデコボコを抑えたり柔らかくしたりすることで回復期間を短くすることができるのです。

 

 

 

マッサージを始める時期

 

 

始める時期は術後すぐにではなく、腫れや痛み、発熱がない状態で行います。

 

 

個人差はありますし、医師に相談することが必要ですが、約1ヶ月程度が目安です。

 

 

医師の指示を仰ぎ、1日5分から10分程度でも、こまめに続けることがポイントです。

 

 

見た目が気になるからと腫れや痛みがある段階で取り組むとかえって逆効果になります。

 

 

内出血や炎症ができたり、悪化させてしまったりするため無理をしないようにしましょう。

 

 

やり方は皮膚を触ってみて硬く感じる部分や、突っ張った感じのする部分を探して、指を押し付けるようにしていきます。

 

 

指圧を行うようなイメージで行うと効果的です。

 

 

痩身エステの脂肪吸引後はマッサージが大事

 

 

限度はありますが、少し痛みを感じるくらいがちょうど良い力加減の目安になります。

 

 

保湿クリームやオイルを併用するとやりやすくなりますし、肌のケアもできるためおすすめです。

 

 

また、患部をゆっくりと伸ばすようにストレッチをしてあげると硬くなった皮膚が弾力を取り戻しやすくなります。

 

 

リンパや血流の流れを促進することも目的のひとつですので、温かいお風呂に入って代謝をあげることも同様に効果が期待できます。

 

 

つまり、入浴後に行うことが最も好ましいタイミングだと言えるのです。

 

 

普段はシャワーが多いと言う方も、術後のダウンタイムの間は湯船につかって身体を温めることも綺麗になる秘訣になります。

 

 

 

マッサージを行う際の注意点

 

 

マッサージを行う場合の注意点ですが、痛みがある場合や患部が腫れている場合には行ってはいけません

 

 

約1ヶ月後からが目安にはなりますが、必ず症状を確認して医師と相談することが大切です。

 

 

焦って痛みを我慢しながら早期に始めることのないように、自然な現象だということを理解しておきましょう。

 

 

また、力を入れすぎてしまうと内出血の原因にもなりますので適度な力で行うことが肝心です。

 

 

早く症状を回復させる効果があることは確かですが、必要以上に強く力を入れたり、時期を早めたりしたからと言って効果が向上するわけではないのです。

 

 

焦らずにじっくりとケアしていくことが綺麗になるためのコツになります。

 

 

痩身エステの脂肪吸引後はマッサージが大事

 

 

自分で行うことに不安がある方はクリニックでは、高周波を使ったものや痛みがなければプロのエステティシャンにお願いすることもできます。

 

 

しかし、日常的に通うことは費用面でも難しいかもしれません。

 

 

普段は自分でケアを行って、定期的に相談もかねて施術を行うのも良いでしょう。

 

 

アフターケアや相談は無料で行っているクリニックもありますので、不安を抱えやすい術後の対応も脂肪吸引を受ける場合には確認しておくことが賢明です。

 

 

ほとんどの場合は、拘縮の症状は自然に治りますし、マッサージを行うことでもより早く治すことが見込めます

 

 

ただし、術後半年以上を過ぎても皮膚の硬さやデコボコ感が残っている場合は、脂肪の取り残しや取り過ぎの可能性もあるためクリニックに相談する方が良いでしょう。

 

 

部分痩せという願いを叶えてくれる脂肪吸引ですが、術後には数ヶ月のダウンタイムが存在することを忘れてはいけません。

 

 

できる限りのケアを行うことも理想のボディを手に入れるためには必要だと言えるでしょう。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP