コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

自分の肌質を知ろう

 

 

数あるコスメの中でも重要な役割を持つものがファンデーションと言えます。

 

 

ファンデーションにはさまざまな種類がありますが、どのタイプを選べばよいのかを考える際に一番重要となるのが肌との相性です。

 

 

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

一般的に洗顔後の顔の突っ張りが気になったり、Tゾーンはテカるけれどもほかの部分が乾燥している人は混合肌とされています。

 

 

全体的にテカリが気になってあぶらとり紙が手放せないという人はテカリ肌、そしてスキンケアをしても乾燥しがちで粉吹きが気になる人は乾燥肌と言えるでしょう。

 

 

このように人によって肌質は異なるので、肌との相性を考えて適切なタイプを選ぶ必要があります。

 

 

 

パウダータイプ

 

 

まず第一にファンデーションの主流となっているものがパウダータイプです。

 

 

多くの場合コンパクトにパフと一緒に入っていることでしょう。

 

 

近年注目を集めているミネラルファンデーションもパウダータイプのものがほとんどです。

 

 

特徴としてはパウダーであるため、ほかの種類と比べると水分量や油分量が少ないのが特徴です。

 

 

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

そのため脂性肌混合肌の人におすすめで、マットな肌が好みだという人にも特におすすめと言えます。

 

 

化粧下地を塗りパウダータイプを塗れば完成するため、ほかのタイプよりも工程が少なく手軽に仕上げることができます。

 

 

時間がないけれどもメイクをしたいという人にはぴったりの種類と言えるでしょう。

 

 

しかしマットに仕上がるので、つや肌が好みだという人にはあまりおすすめできません。

 

 

カバー力はほかのタイプに比べるとやや劣り、肌トラブルに悩まされている人つるっとした仕上がりが好きだという場合には他のタイプがお薦めです。

 

 

 

クッションタイプ

 

 

次に韓国発祥で近年話題を集めている手軽さが人気のクッションタイプです。

 

 

ファンデーションを染み込ませたスポンジから、パフにとって肌に付けるタイプです。

 

 

パウダータイプのようにパフとミラーが一緒になったコンパクト型の種類がほとんどといえるでしょう。

 

 

水分量が多いため混合肌の人におすすめと言えます。

 

 

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

仕上がりは他のタイプと比べるとつやが出て、パフでしっかりと肌に密着させるためカバー力も抜群です

 

 

化粧下地を使う必要もないため、時間がないときにも簡単にメイクが完了します。

 

 

パウダータイプとは反対につや感が強いためマット肌が好みだという人にはあまり向いていないかも知れません。

 

 

カバー力が高いため、ナチュラルなメイクを好む人にもおすすめできないでしょう。

 

 

 

リキッドタイプ

 

 

そしてしっかりとベースを仕上げたいという人にお薦めなのがリキッドタイプです。

 

 

液体状のものでほとんどがボトルに入っていて、化粧下地の後に塗ってから仕上げにルースタイプのものを使うのが主流となっています。

 

 

ほかのタイプよりも油分が多いため、乾燥肌の人には特におすすめと言えます。

 

 

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

カバー力がありつるっとした仕上がりになり、商品によってつやタイプやマットタイプが販売されているため、自分の仕上がりの好みに合わせて選ぶことができます

 

 

他のタイプと比べるとしっかりと時間をかけて仕上げる必要が出てくるので、やや手間がかかるといえるでしょう。

 

 

 

クリームタイプとエマルジョンタイプ、コンシーラー

 

 

そしてリキッドよりもこってりとしたテクスチャーが特徴クリームタイプは、密着度も非常に高いというメリットがあります。

 

 

リキッドよりも油分が多く保湿力に優れているため、乾燥肌の人にはぴったりです。

 

 

毛穴などのカバー力にも優れているため、毛穴の悩みを持っている人にもおすすめと言えるでしょう。

 

 

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

クリームタイプを押し固めたものがエマルジョンタイプです。

 

 

肌に伸ばすと液状になりますが、そのあとに成分が蒸発してパウダーのようになります。基本的にはどの肌質でも使うことができ、簡単につや肌を作り出すことが出来るでしょう。

 

 

どのタイプであっても事前に洗顔や化粧水、乳液などを使って肌を整えて、下地を均一に塗る必要があります。

 

 

シミやそばかす、ニキビ跡などが気になる部分にはコンシーラーを使うと厚塗りを防ぐことができます。

 

 

そして忘れがちなのがパフやスポンジのお手入れです。

 

 

マメに洗いきれいなものを使わなければ菌が繁殖し菌を肌に塗りつけることになり、汚れているものを使うことはムラの原因にもつながります。

 

 

 

上手な使いかた

 

 

上手な使い方としては、パウダーの場合には面積が広い頬やおでこ、鼻の順番でぬっていきましょう。

 

 

スポンジにつける量は3分の1ほどにとどめ、こすることなく顔の中心部分から外側に向かい肌の上を滑らせるようにつけていきます。

 

 

コスメの中でも重要なファンデーションの種類と選び方について

 

 

リキッドタイプの場合には塗る順序はパウダーと同じで、最初に手の甲にリキッドを乗せた後に肌の熱で温めてなじませることにより、ムラになりにくくなるでしょう。

 

 

しっかりとカバーしたいと考える人は指の腹を使い、ムラができるのが気になる場合にはスポンジを使いましょう。

 

 

このようにさまざまなタイプがあることがわかりますが、メイクの印象を大きく変えるものであり、肌質に合っていないものを選んでしまうと肌トラブルやメイク崩れの原因にもなります。

 

 

肌のタイプや肌の悩み、年齢や季節などをよく考えて、自分に最適なものを選んで美しい肌を演出していきましょう。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP