肌のターンオーバーを促進させる方法

肌のターンオーバーを促進させる方法

 

 

そもそもターンオーバーとは

 

 

肌のターンオーバーを促進させる方法は細胞の活動を正常にすることと、それが出来る環境を整えるということが肝という事になります。

 

 

つまり、肌を清潔にして傷をつけたりすることが無いようにするということが大切になるという事です。特にここで重要になるのが細胞の活動を正常にするという事です。

 

肌がターンオーバー出来るようになるのは常に細胞が正常に働いていて、細胞を作るという作業をしているからです。

 

 

ターンオーバーは新しい細胞が正常に作られて、それが古い細胞を徐々に外に押し出していき、最も外にある細胞が剥がれ落ちて新しい細胞が登場することによって出来るサイクルの事を言います。

 

 

肌のターンオーバーを促進させる方法

 

 

これが正常に機能するには、細胞が正常に作られるということが根底にあるという事になります。

 

 

これが出来なければまず根底の条件がくずれることになるので、何も始まらないということになり、どんどんと細胞が劣化していく事になるというわけです。

 

 

細胞が正常に作られるには何が必要になるのかというと、細胞を作られる栄養が必要なことはもちろんですが、細胞を作れという命令が出ることも必要ですし、細胞を作る事をひとまず置いておけというような緊急指令が来ないという事も大切になるという事を知っておく必要があります。

 

 

これからこうした細胞が正常に作られなくなる要因について解説をしていきます。

 

 

 

ターンオーバーと栄養素の関係

 

 

まず栄養が無ければ全く細胞が作れないという事は当たり前と言っていいでしょう。

 

 

具体的にタンパク質が必要なのですが、これは良質なモノが必要となるという事も加えて知っておくといいかもしれません。

 

 

質が悪ければ質の悪い細胞しか作れないのは当たり前ということになります。

 

 

ですから、タンパク質でも質が問われることが多いという事になります。潤いを考えるのであればコラーゲンを十分に含んだ食物を摂取するという事を考えても良いでしょう。

 

 

食べたものが細胞になるわけですから、食べたものによって細胞の質は大きく変わる事になります。

 

そして、微量栄養素であるビタミンミネラルも重要になってきます。

 

 

肌のターンオーバーを促進させる方法

 

 

これらは細胞を作るという指令に関係してくる事が多い事と、酸素や栄養を運ぶ血液の働きに大きく関係している事があるからです。

 

 

ミネラルは自律神経の働きと大きく関係していることがあって、細胞を作りなさいという指令を出すか、それを伝達するという機能があると考えられています。

 

 

これがなくなると細胞に指令が届かないので細胞が作られなくなってしまうわけです。

 

 

材料があっても命令が来なければ動かないというのが細胞の特徴でもありますから、この命令を届けるか命令をするというところにミネラルは大きくかかわっていると考えられています。

 

 

ビタミンは酸素や栄養を運ぶ血液に深くかかわっていて、ビタミンが不足すればせっかくの栄養や酸素が細胞に届かない事になるのでこれも意味が無くなるという事になるわけです。

 

 

またビタミンは微量栄養素としてミネラルのように命令の伝達に関わっている事も考えられていて、これが不足すればせっかく摂取した栄養が上手く細胞づくりに役立てられないということが明確になっています。

 

 

 

ストレスと自立神経について

 

 

さらにはストレスというようなもの大きく細胞の生成に関わってくる事になります。

 

 

というのストレスは体に緊急事態宣言を出するよう事になるので、全ての生理機能が中断されて、今ある緊急事態に備えるという事をするようになるわけです。

 

 

肌のターンオーバーを促進させる方法

 

 

血液は大量に流されて筋肉に集まるようになり、体を温めていつでも動けるようにするという臨戦態勢を取るようになります。

 

 

心臓は鼓動を速めてどんどんと血液を体に流しますが、これは体温上昇に使われて細胞の生成に使われることにはなりません。

 

 

何しろ緊急事態で何が起きてもすぐに移動する若しくは逃げるなどの行動をしなければならないという状況ですから、生命維持活動よりも現場からすぐに逃げられるというような事を優先するように体が反応しているのがストレスなのです

 

 

ストレスを受け続けると体に大きな負担がかかるという事は当然だったということが言えるでしょう。

 

 

長らくストレスが何故体に大きな負担をかけているのかはわからなかったのですが、最近になってその原因が分かるようになり、血液という人の体にとって最も重要なところから変えていて、緊急事態に備えているのがストレスだったということが分かりました。

 

 

肌のターンオーバーを促進させる方法

 

 

単に精神的に弱るというのではなく、体の内部から大きな負担をかけてしまうのがストレスだったということです。これが細胞の生成に大きく影響しないはずがありません。

 

 

さらには、睡眠不足も肌のターンオーバーには大きな敵です。

 

 

睡眠時に自律神経などの神経は働きを正常化させるという事をしている事も分かってきました。

 

 

これは起きているときと寝ているときとで働く神経を人は変えているということが分かっていて、この変更がスムーズにいかなければ神経の働きが異常になるという事も分かってきたのです。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP