アデノシンはエステで利用されている新しい美容成分

 

アデノシンとは

 

エステで利用されているアデノシンという美容成分は、比較的新しい成分で注目を集めています。

 

この成分は、2004年に厚生労働省から認可を受けて提供された歴史が浅い成分です。

 

しかし、実際に有効成分として提供されたのは美容ではなく育毛剤に関してでした。この成分は、男性の薄毛対策に有効な成分として発見された成分だったのです。

 

なぜ髪の毛に有効な成分であると考えられたのでしょうか。

 

アデノシンはエステで利用されている新しい美容成分

 

それは、この成分が核酸の一種であるとわかっていたからです。

 

核酸の中には、人間の髪の毛や肌の成長を促す因子を活性化させる働きが存在するものがあります。

 

一般的に提供されている化粧品などには、確かに肌に良いと考えられている有効成分が含まれています。

 

しかし、これらの有効成分の効果はあくまでも表皮にしか届きません

 

肌の真皮にまで到達するものではなく本質的に髪の毛や肌のアンチエイジングを実現させてくれるものではありませんでした。

 

一方で、成長因子の活性化を促す核酸には、細胞を活性化させる働きが存在しますので自然と髪の毛や肌の張りが復活する効果が期待できるのです。

 

真皮に届く成分というのは、基本的に血管の流れを良くしてリンパの働きを改善する効果があります。

 

人間の栄養分は、血液やリンパによって運ばれてきますのでこの部分の改善を上手くできれば育毛にとっても美容にとっても非常に良い結果を得ることが可能です。

 

そのため、核酸の仲間であるこの成分は育毛や美容に良い成分として民間の会社から特許申請が行われ、厚生労働省からその認可を得ることができたのです。

 

 

 

女性にも使える

 

アンチエイジングに効果があるということは、当然エステでそれを利用すると肌が若返る効果も期待できます

 

実際に、アデノシンには加齢や紫外線などによって痛んだ細胞のダメージを修復して細胞そのものを再生するなどの効果が発揮する可能性があります。

 

真皮に届く成分であるため、身体の中から肌の状態を守ることが可能なわけです。

 

また、この成分が重宝されているのが女性に対しても利用できる成分であるという点が非常に大きいです。

 

アデノシンはエステで利用されている新しい美容成分

 

そもそも、薄毛を含めた女性の美容対策の中には、女性にとっては利用することができない非常に強力な成分も存在します。

 

例えば、髪の毛の老化や脱毛を防ぐ専門的な薬としてはプロペシアミノキシジルといった成分が提供されています。

 

これらのうち、プロペシアに関しては女性が利用すると後遺症を残す程度で副作用が生じる可能性が示唆されています。

 

現実にあった症例では妊娠している女性の胎児に悪影響が出たという報告もされているくらいです。

 

当然ですが、身体の中から細胞の状況を変化させようとする成分には強い効果があります。使い方を間違えれば人間にとって大きな副作用を残す可能性があるのでその点は理解しておかなくてはいけません。

 

一方で、アデノシンにはこのような女性に対する毒性は存在しません。

 

アンチエイジングの観点からも安心であると判断されていますので、積極的にエステなどにも利用されています。

 

 

 

医薬品と医薬部外品の違い

 

また、アデノシンが積極的に利用できるのは医薬部外品としての認可を受けているからです。

 

これはとても大切な基準です。

 

美容に対して効果があると判断されている製品には、医薬品医薬部外品二種類が存在します。

 

これらの内、身体に対して必ず副作用が存在するのが医薬品です

 

アデノシンはエステで利用されている新しい美容成分

 

医薬品に関しては誤解をしている人も多いですが、副作用の存在しない医薬品はありません

 

医薬品というのは、薬としての効果とそれに対する副作用が同時に存在するものとして定義されています。

 

確かに、身体に対する効果は抜群なので利用する価値はとても高いです。

 

医薬品は、数々の臨床試験をクリアして医学的な見地からハッキリと効果があると認められたものにしかその認可がおりません。

 

そのため、医薬品に指定されている製品に関しては個体差はあっても効果があると断定できるものなのです。

 

しかし、その反面で副作用が生じるので利用できる人とできない人の分かれる傾向が強い難点もあります。

 

 

 

例えば…

 

例えば、上記のプロペシアに関しては確かに男性の育毛を抑える効果はありますが、その反面で男性機能に対する副作用が報告されているので、必ずしも男性にとってプラスになる薬ではありません。

 

一方で、アデノシンのような医薬部外品というのは副作用が存在しない製品です。

 

認可の申請を行った企業が独自に成分と効果を調査し、その審査を厚生労働省が厳密に行うことによって初めて利用できるようになります。

 

アデノシンはエステで利用されている新しい美容成分

 

確かに、医学的な観点からの考察は医薬品にはかないませんが副作用が存在しないので誰でも安全に利用できるという大きなメリットがあります。

 

広くエステでこの成分が利用できるのはそのためです。

 

このように、アデノシンは使いやすく効果が高いというメリットがあるため新しい美容成分として注目されています。

 

女性専用の製品もあるので美容成分という点からもとても優秀です。

 

この記事を書いた人

Mai Oki
Mai Oki
エステティシャンはお客様をキレイにするだけではなく、心がけているのは「お客様を第一に、思いやりをもってお仕事に取り組む」ということです。 お客様に心から「ありがとう」と言っていただけた時の喜びや満足感は格別です。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP