優れた美容成分であるEGFの持つ効果

優れた美容成分であるEGFの持つ効果

 

 

EGFとは

 

 

最近EGFという成分が化粧品に配合されているのをよく目にします。

 

 

ノーベル賞を受賞していることでも知られていますが、実はEpidermal Growth Factorの略であり、上皮成長因子細胞再生因子と呼ばれているものと同じです。

 

 

得られる働きはその名の示す通りとなっていて、上皮細胞を再生させる因子で皮膚や骨、筋肉等の細胞の成長を促したり代謝を促進させる働きを持っています。

 

 

優れた美容成分であるEGFの持つ効果

 

 

美容に良いと言われていますが、肌の深い部分ではなくて表皮細胞に影響を与えるものですので、ダメージを受けているのが表面部分なら皮膚や粘膜を修復することができます。

 

 

皮膚や粘膜の再生がスピードアップする美容成分ですので、衰え始めた肌を回復させたい時によく効きます。

 

 

実際に臨床試験が行われた結果では、上皮組織にあるEGFRという受容体と結合することでEGFRそのものを活性化させて修復の作用をパワーアップさせることが分かっています。

 

 

 

名前がよく似ているFGFとの違い

 

 

混同されがちな成分に線維芽細胞増殖因子であるFGFがあります。

 

 

FGFも細胞の修復や成長を促すことのできる因子ではありますが、詳しく見ていくと性質の面で違いがあります

 

 

働きかける部分に違いがあり、線維が細胞に作用をもたらすことで真皮の修復を促す働きを持ちますので、より深い部分での改善が可能となります。

 

 

取り入れると、ストレスや加齢等によって減ってしまったコラーゲンやエラスチンの生成を促進させて真皮のコンディションを整えることができますので、シワをケアしたい時に向いています。

 

 

優れた美容成分であるEGFの持つ効果

 

 

表皮部分への働きを期待できるEGFはダメージを受けた部分を素早く修復したり新たな細胞をどんどん生成させますので、結果として新陳代謝が高まってトラブルを含む肌細胞がどんどん排出されます

 

 

つまり、ターンオーバー順調になって古い角質が長期間留まることを防げますので、疲労の溜まった角質が増えて肌がどんどん厚くなるのも解消されますし、吹き出物や毛穴の開きといった肌トラブルの改善まで期待できます。

 

 

ターンオーバーの働きは若いうちは誰でも順調なのですが、年齢を重ねると共に少しずつ働きが停滞していき、トラブルがなかなか解消されなくなります。

 

 

生成されてから時間が経つと水分を抱え込む能力も徐々に低下していきますので、肌中の水分量は低下してバリア機能も低下するという深刻な状況に陥ります。

 

 

これらの問題が老化を加速させるといっても過言ではありませんので、生まれ変わりを順調にするためのケアはとても重要です。

 

 

 

化粧品で取り入れたい場合の選び方

 

 

以前は医療用に用いられていましたが、技術の進歩によって美容面に活用できるようになっています。

 

 

化粧品に含まれる場合には名前がヒトオリゴペプチド-1となっており、一定濃度のヒトオリゴペプチド-1を含む化粧品を数カ月使うと新たに生成される細胞の成長率が格段にアップします。

 

 

若々しい肌を取り戻したい人や老化を防ぎたい人、肌トラブルを早期に改善したい人等が既に利用し始めています。

 

 

様々な効果が得られることは分かりましたが、導入を決めてから迷ってしまうのが化粧品選びです。

 

 

現在では多くの商品に配合することを記されていますが、品質や配合量において問題があるケースも見られますので良い商品を選ぶためにいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

 

 

もっとも気をつけなければならないのは似た効果を持つ別の成分が配合されている場合全く配合されていない場合ですので、必ず化粧品に記載されている配合成分を細かくチェックする必要があります。

 

 

ヒトオリゴペプチド-1と記載されているものなら含まれていることは確かです。

 

 

FGFと共に取り入れると美肌効果はよりアップしますので、ヒトオリゴペプチド-13も入っていた方が効率的です。

 

 

配合量に関しては、あらかじめ協会のガイドラインによって定められていますので、1ml中0.1μmg以上が基準となっています。

 

 

これを下回るものはきちんとした効果が得られませんので、選ぶべきではありません

 

 

優れた美容成分であるEGFの持つ効果

 

 

また、基準を上回っているものの中でも濃度の高い商品の方が優れた効果を得られますので、できるだけ高濃度の化粧品を選ぶこと重要なポイントです。

 

 

原料の品質や安全性において問題が無く、一定の成果が期待できると判断された場合には協会の認定シールが発行されますのでそのシールが貼られているかを参考にするのも良い方法です。

 

 

高濃度の美容液を取り入れたとしても使い始めてからすぐに変化を実感することはなく少しずつ変わっていきますので、効き目を確認できるまでにはある程度の期間が必要です。

 

 

作用としては肌の生まれ変わりの働きを調整したり、細胞の機能を高めたりする成分ですので、劇的な作用をもたらすものではありません。

 

 

ターンオーバーの周期を考えると分かりますが順調に行われている人でも28日周期ですので、大抵は2カ月を過ぎた頃から変わったことを感じる人が多いようです

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP