最先端の美容エステは幹細胞コスメを使用している

最先端の美容エステには幹細胞が利用されている

 

 

幹細胞の重要な役割

 

 

最先端の美容エステでは、幹細胞培養液化粧品を使用した幹細胞コスメを使用している所があります。

 

 

美容で魅力的な外見を作っていくためには、なるべく肌そのものが衰えることを防がなくてはいけません

 

 

こうした肌の老化現象を防ぐための手段はアンチエイジングと呼ばれています。

 

 

アンチエイジングの手法はいくつかありますが、従来までのそれらの手段は肌の状態を維持するだけに留まるものであったので、肌そのものを若返らせるということはムリでした。

 

 

しかし、幹細胞という非常に優秀な物質が利用されることによってこうした肌の若返りを実現できる可能性が広がったのです

 

 

最先端の美容エステには幹細胞が利用されている

 

 

人間の現在の形を作っているのは、それぞれの細胞が筋肉や内臓といった各器官を作るために独自に細胞分裂を繰り返しているからです。

 

 

受精卵から始まり、そこから細胞分裂を繰り返して約60兆もの細胞に分かれていくと考えられています。

 

 

そうやって人間の細胞にはそれぞれに与えられた役割が存在します。

 

 

しかし、こうした細胞の中にも実はその役割を与えられていない保険的な細胞が存在するのです。

 

 

その細胞は、様々な細胞に変化することが可能であるためある臓器が傷ついた場合にはその細胞に変化して補うことができます。

 

 

例えば、日常生活を送っている中では怪我などをして細胞が傷ついてしまったりすることがあります。

 

 

こうして傷ついたり損なわれた細胞を補助していくのがこの細胞の役割なのです。

 

 

この細胞を、幹細胞といいます。

 

 

言い換えると、幹細胞はどんな細胞にもなれる非常に重要な役割を担っているため、方法を変えればこれを美容にも役立てることができるようになるわけです。

 

 

幹細胞は、動物にも植物にも存在するものであるため、幹細胞として提供されているものには主に三つの種類があります。

 

 

エステでも、この三つを由来として成分が利用されていることが多いです。

 

 

 

三つの幹細胞

 

 

植物由来の幹細胞

 

 

まず、植物由来の幹細胞です。

 

 

植物も、雨や風にさらされると細胞が傷ついてしまいますので、これを再生するための幹細胞を持っています。

 

 

この幹細胞のエキスを抽出して利用しているのが植物由来の成分です。

 

 

最先端の美容エステには幹細胞が利用されている

 

 

植物由来の成分の良い点は、天然成分由来の成分である点です。

 

 

エステだけではなく、アンチエイジングとして何らかの美容品を利用する際には肌に合っているかどうかを必ず確認しなくてはいけません。

 

 

人によっては、肌に合わずにアレルギーのような症状が出てしまうことがあるからです。

 

 

特に、化学物質を合成しているような場合には肌に合う人とそうではない人の差が大きいです。

 

 

そのため、天然の植物成分由来の幹細胞を利用できることは、元々肌が弱い人にとっては良いと言えます。

 

 

 

動物由来の幹細胞

 

 

そして、二つ目に提供されているのが動物由来の成分です。

 

 

これに関しては、プラセンタという成分が一般的にも有名です。

 

 

プラセンタは、胎盤から摂取される幹細胞のことを意味します。

 

 

最先端の美容エステには幹細胞が利用されている

 

 

動物由来の幹細胞を収集する場合には、羊のそれを利用することが多いです。

 

 

これは、羊の細胞が実は人間の細胞と近い構造にあるからです。

 

 

他の病気と比較すると悪性の病気も持っていないことが大半で、人間の身体にも合っている点が好都合であると考えられています。

 

 

ただ、こうした動物性のプラセンタに関しては一般市場に流通していないことが多いです

 

 

これは、日本では特にその傾向があります。

 

 

あくまでも動物の胎盤を利用しているため、コスメとしてはあまり好ましくないと考えられている節があります。

 

 

海外では利用されていることが多いので、効果に関してはお墨付きです。

 

 

 

ヒト由来成分の幹細胞

 

 

そして、三つ目がヒト由来の成分です。

 

 

ヒト由来の成分に関しては、当然人間を利用するものとあって最も人間の肌に適していると言えます。

 

 

年々その注目度が上がっていることから研究や開発も進められており、世界中でアンチエイジングのコスメとしてエステ店にも導入されています。

 

 

そのため、日本国内でこうした最先端のエステを利用する場合には植物由来かヒト由来かのどちらかになるでしょう。

 

 

では、植物由来とヒト由来の成分ではどのような違いが存在するのでしょうか。

 

 

それは含まれているタンパク質の違いです。

 

 

最先端の美容エステには幹細胞が利用されている

 

 

植物由来の成分はあくまでも植物の細胞を治すために存在する幹細胞であるため、最低限の成分しか含まれていません。

 

 

一方で、幹細胞に存在しているタンパク質の種類は実に500種類にも及ぶと考えられています。

 

 

しかも、この成分の中にはコラーゲンヒアルロン酸など一般的なアンチエイジングにとって必要不可欠な成分まで含まれています。

 

 

そのため、ヒト由来の成分を摂取しておけばアンチエイジングに必要な成分は一通り摂取できることを意味します。

 

 

エステサロンで導入されている幹細胞のエキスは、こうした成分が多いです。

 

 

幹細胞は、日本国内では主に医療の現場で利用されていることが多いですが、美容の世界にも後発的に取り入れられています。

 

 

副作用がほとんどなく安全性が高いというメリットがありますので世界中で注目を集めるに至っています。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP