重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

女性にとって毎日メイクをすることは欠かせませんが、それに伴って必要となるコスメアイテムがクレンジングです。

 

 

クレンジングが重要となる理由としては、選び方を間違えるとメイクをしっかりと落とすことができなかったり、強力な成分によって肌トラブルを起こしてしまう可能性があるからです。

 

 

毎日使うアイテムであるからこそしっかりと選びたいところです。

 

 

しかしクレンジングと一言で言っても多くの種類があり、どれを選べばよいのかわからないという人も多いものです。

 

 

まずクレンジングオイルタイプリキッドタイプジェルタイプミルクタイプの4つが挙げられます

 

 

それぞれのメリットやデメリットを把握して、自分に最も合うものを選ぶことが最適な選び方といえます。

 

 

オイルタイプ

まずはオイルタイプについてですが、オイルタイプのメリットは洗浄力が強いのでアイメイクなどの落としにくいメイクも簡単に落とすことができる毛穴の奥の汚れまで洗浄することができる入浴の際に一緒に使うことができるなどがあげられます。

 

反対にデメリットは肌への刺激が強く乾燥しやすいということがあげられるでしょう。

 

重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

 

オイルタイプは油分を基本としてつくられているためメイクに非常になじみやすく、落としにくいと悩む人も多いアイメイクや口紅なども比較的簡単に落とすことができます。

 

 

反対に洗浄力の高さから本来であれば肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌トラブルを招く人が多く見られます。

 

 

界面活性剤アルコールなどが配合されている商品が多いので、肌への刺激も強いでしょう。

 

リキッドタイプ

次にリキッドタイプについてですが、リキッドタイプのメリットは、ある程度の洗浄力がありコットンに含ませることでメイクオフが可能となること、ぬるつきやべたつきが少ないのですすぎが簡単であることが挙げられます。

 

 

デメリットはオイルタイプと同じように肌への刺激が強く、肌との摩擦が起こらないように使う場合には注意が必要だということが挙げられます。

 

 

リキッドタイプは水をベースに作られ、洗浄力はオイルタイプに次いで強力だと言われています。

 

重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

 

 

オイルタイプと比べるとメイクや汚れをしっかりと吸着するため再度汚れがつくこともなく、簡単にすすぐことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

しかし界面活性剤が多く含まれ、肌に必要となる水分までも取り除いてしまうケースが多く見られます。

 

ジェルタイプ

次にジェルタイプですが、ジェルタイプのメリットは肌への刺激が少ないことや、さっぱりとした洗い上がりが挙げられます。

 

 

反対にデメリットはポイントメイクが落ちにくく、メイクとなじむまでに時間がかかるのでメイクを落とすのに時間がかかるということです。

 

重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

 

 

ジェルタイプは水性油性の二つに分けられますが、オイルのようなべたつきが苦手だけれども、ある程度の洗浄力が欲しい人には重宝することでしょう。

 

 

メイクとなじむのに時間がかかるので、メイクとジェルがしっかりとなじむまで辛抱強く待ち、手のひらで温めてから使用するなどのいくつかの注意点も存在するので、手間がかかるアイテムと言えるでしょう。

 

ミルクタイプ

最後にミルクタイプです。

 

ミルクタイプのメリットは肌への刺激が少なく洗い上がりがしっとりし、敏感肌や乾燥肌に悩んでいる人でも使うことができます。

 

 

重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

 

デメリットは洗浄力が低く,お風呂場では使うことができません

 

 

肌への負担が少ないという大きなメリットがありますが、メイクが落ちにくいのでつい力を入れ過ぎてしまい、反対に肌へのダメージを与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

ポイントは使い分け

これらの点を考慮したうえで正しいクレンジングの選び方はメイクによって使い分けるのが最適だと言えるでしょう。

 

 

例えば濃いアイメイクや濃い口紅、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなど落としにくいメイクをした時には、クレンジングの中でも一番洗浄力のあるオイルタイプを使うのがおすすめです。

 

 

特にウォータープルーフタイプのコスメを使っている場合にはメイク残りが考えられるので、そのポイントだけでも必ずオイルタイプを使用するようにしましょう。

 

 

ウォータープルーフ以外のものであれば、基本的には何でも落とすことができるのがリキッドタイプです。

 

 

カバー力や持続性の高いリキッドファンデーションであっても、しっかりと取り除くことができます。

 

 

重要なコスメアイテムクレンジングの正しい選び方

 

 

さっぱりとした使用感が好みである人はリキッドタイプを選ぶと良いでしょう。

 

仕事の日やナチュラルメイク派の人にはジェルタイプがおすすめです。

 

 

ナチュラルメイクを心掛ける人でもアイライナーやマスカラを使う場合には油性のジェルを、マツエクをつけている人は水性のジェルを使うとよいでしょう。

 

もしもジェルタイプを使って落ちなかった場合には、無理にこすって落とすのではなくオイルタイプやリキッドタイプに臨機応変に交換するようにしましょう。

 

ちょっとした外出などで日焼け止めを塗っただけ、ファンデーションをはたいただけなどの軽いメイクの場合にはミルクタイプがよいでしょう。

 

 

洗浄力が低いですがミルクタイプで落とすことができるのであれば、肌に一番負担をかけることがありません。

 

 

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP