クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

 

 

自分にあったクレンジング剤を選ぼう

 

 

クレンジングは様々なコスメブランドから形状や特徴、効果効能やコンセプトが異なる様々な種類のものが市販されているので、どれを選べば良いか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

 

メイクを落とすという工程はスキンケアにおいてとても重要ですし、基本でもあります。

 

 

クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

 

 

自分の肌質や肌の悩み、目的や理想、メイクの濃さや生活スタイルにぴったり合った最適なものを選んでより良いスキンケアを実現させましょう。

 

 

最適なものを選ぶためには、自分の肌の状態や悩み、肌質や必要なアプローチなどを明らかにさせておくことも大切です。

 

 

そのことによって選ぶ際の条件が明確になり、比較しやすくなるからです。

 

 

選び方についてですが、まずはランキングサイトや口コミサイトなどをチェックして、自分の肌に合いそうなものをいくつかピックアップしてみるということから始めるのが良いでしょう。

 

 

ピックアップしたものの中から条件を設けて徐々に絞り込んでいくという比較の仕方がおすすめです。

 

 

 

ランキングサイトと口コミサイトを参考にする場合

 

 

ランキングサイトをチェックするとどのような商品があるのかを一気に把握することが出来ますし、どんな商品が売れ筋で人気があるのかが一目瞭然です。

 

 

ランキングが上位であるということはそれだけ多くの人に選ばれているということで、売れているという事実にはそれなりの理由があるはずですので、商品の魅力や特徴、コンセプトなどを理解して人気の秘密を探ることも大切です。

 

 

クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

 

 

口コミサイトは実際にその商品を使ったことがある人によるリアルな感想をチェックすることが出来るので、とても参考になります。

 

 

実際に使ったことがある人にしかわからない使い心地やテクスチャー、香りやメイクの落ち具合や美肌効果のあらわれ方、メイクとの馴染み方などの情報も得ることが出来ます。

 

 

 

購入する前にチェックしたいポイント

 

 

それぞれの商品を比較して絞り込んでいく際のチェックすべきポイントについてですが、

 

 

信頼できるコスメブランドの商品であるかどうか、自分のメイクの濃さや肌質や肌の悩みにしっかりと対応してくれる種類であるかどうか、

 

 

形状やテクスチャーや香りやメイクとの馴染みの良さ、配合されている成分や成分の含有量や効果効能、特徴やコンセプトに共感できるかどうか、

 

 

洗顔料やピーリング剤などとの相性が良いかどうか、価格や容量や1回の使用量の目安や総合的なコストパフォーマンスなどがあります。

 

 

クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

 

 

一昔前まではクレンジングというとメイクを落とすためだけのものでしたが、今は違います。

 

 

オイルやクリーム、シートやリキッド、バーム、ミルクやジェルなど形状も様々で自分の好みの使い心地のものを選ぶことが出来ますし、保湿ケアやエイジングケア、美白ケアやニキビケア、角質ケアや毛穴ケアなど目的別に選ぶことも出来ます

 

 

 

目的別クレンジング剤の選び方

 

 

オーガニックコスメブランドから市販されているものや無添加タイプで肌に優しいものもたくさんあるので、敏感肌の人の選択肢も広がりました。

 

 

敏感肌の人は、合成香料や着色料や鉱物油や紫外線吸収剤やパラベンやエタノールや石油系界面活性剤などの添加物が使われていないものを選ぶのがおすすめです。

 

 

敏感肌の人は肌にスキンケアアイテムを馴染ませるという行為自体がダメージになってしまいますので、なるべく低刺激で肌に優しいものを使うようにしましょう。

 

 

ウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナーなどを使用していてメイクが濃い人は、しっかりと落とすことが出来るオイルタイプのものを選ぶのがベストです。

 

 

クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

 

 

とにかくメイクを簡単に手軽にスピーディーに落としたい人には、拭き取るだけでメイクを落とすことが出来るシートタイプのものがおすすめです。

 

 

場所を選ばずにいつでもメイクをオフすることが出来るのでとても便利です。

 

 

オイルタイプやシートタイプのものは肌への刺激が強めですので、敏感肌の人は注意が必要です。

 

 

オイルのべたつきが苦手な人にはリキッドタイプやジェルタイプやミルクタイプのものが適しています。

 

 

サラッとした使い心地で快適にメイクを落とすことが出来ます。

 

 

オイルタイプに比べてメイクを落とす力が弱めですので、メイクが濃い人には不向きです。

 

 

 

クリームタイプとバームタイプの違い

 

 

保湿力を重視する場合は、クリームタイプを選ぶのが良いでしょう。

 

 

メイクを落とした後のしっとり感が違います。

 

 

クリームタイプもオイルタイプに比べてメイクを落とす力が弱めです。

 

 

オイルタイプのメイクを落とす力とクリームタイプの保湿力を兼ね備えているのが、バームタイプです。

 

 

クレンジングは様々なコスメブランドから様々な種類のものが市販されている

 

 

オイルとクリームのいいとこ取りで、メイクを落としながら保湿ケアやエイジングケアをしたいという人にもおすすめです。

 

 

半固形の形状で、肌に乗せると体温で溶けるという不思議なテクスチャーでメイクとも良く馴染むので使い心地も抜群です。

 

 

ジャータイプで市販されていて、スパチュラ(へら)ですくって使うのが主流です。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの美肌成分が配合されているものもたくさんあります。

 

 

クレンジングには様々な種類のものがあって様々なコスメブランドから様々なタイプのものが市販されていますので、最適なものを見つけて理想的なスキンケアを実現させましょう。

あなたにおすすめの記事

PAGE TOP